2013年08月23日

神社・教会式のいいところとデメリット。

挙式を神社・教会でする時と、ホテル等の中でする場合、
それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

神社・教会式のいいところ。

●格式が高い。
●式場の規模が大きい・美しい。
●式場をとりまく環境がいい。
●荘厳な雰囲気がある。
●巫女さんなどがバイトではない本物。
●生演奏で挙式ができる。(神前式は録音された演奏を流すだけが多い)
●挙式後も訪れることができる。
●式代が安くすむこともある。

神社・教会式のデメリット

●別々に申し込まなくはならない。
●式と披露宴の時間を合わせる必要がある。
●新郎新婦・親族の式場~披露宴会場間の移動が多い。
●披露宴会場と離れている場合、バス等の手配が必要。

式と披露宴を同じ場所でやることのメリット

●申し込みが一度ですむので便利。
●式場~披露宴会場の移動が楽
●独自のデザインを施したチャペルが多い。

式と披露宴を同じ場所でやることのデメリット

●規模が小さい(特に神前式は大抵チャチ)
●作りもの、商業施設的な雰囲気が漂う。
●巫女などバイトが混じる可能性が高い。
ラベル:教会 神社
posted by ひめ at 19:29| Comment(0) | 神社・教会式 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
スポンサードリンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。